サプライズ!!!『Octagon』

DSCN3912

ダイヤモンドには様々なカットがあります。中でも有名なのがダイヤモンドを最も美しく輝かせる57面体のラウンドブリリアントカット。そしてハートカット、洋梨型のピアシェイプ(ペアシェイプ)、楕円形のオーバルカットラグビーボールのようなマーキズカット。。変わったところでアルファベットの形にカットしたダイヤモンド、蝶々、楽器のヴァイオリン型、挙げればきりがありません。

今回、友人でもあるお客様からのご依頼頂いたダイヤモンドは『Octagon』正8角形。婚約指輪用の石です。末広がり、数字の8は丸が二つで円満。。いろいろと思いが込もってます。

DSCN3907

 

割と簡単に入手できると思ってたんですが、これがなかなか。。。こういった特殊な石は一件の業者に尋ねるとすぐに業者間で情報が渡ってどこからか出てくるものですが今回に限っては聞くところ、聞くとことろ「今は無いねぇ」とか「入ってくるときは結構な数が入ってくるんだけど。。」そんな答えばかり。諦めかけていた最後の最後の一件の輸入業者さんのところで1p出てきました。正に出会いです。

 

DSCN3895

ご覧になってきただきもちろんお客様も気に入っていただき早速デザインから製作へ。当初は奥様になる方のご意見でシンプルに中石だけのデザインでしたが、サプライズでご主人が、私の自由にデザインして欲しいということでこんなリングにさせていただきました。メインのoctagonは少し高めに配置、それを取り巻くマイクロパヴェセティングのメレダイヤ。腕部分は1/2まで同じくダイヤをマイクロパヴェセティング。で、ちょっとだけ遊びでリングを外すとサイドには奥様の誕生石のタンザナイトが1pづつ隠れてます。出来上がったリングは正にサプライズで南の方の島でお渡ししたそうです。画像を送っていただいたのですがとてもお似合いでした。ありがとうございました。末長くお幸せに。