さらば夏休み!胆石とカメジュエリーの巻

さて、お盆休みも終わって今日から仕事初め、なかなか調子が乗らないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?夏休みが終了するともう今年も後半戦に突入です。気を引き締めていきたいところなんですが今ひとつ活気が感じられないのも事実。ここのところまた有感地震も頻繁に起きてる関東地方でありますし、北朝鮮のミサイルの不穏な動きも影を落としてる原因の一つでしょう。なんとか平穏に解決する手段はないのでしょうかね。。。

皆誰しも健康にすごしたい、経済的に満たされた生活を送りたいなどの願望は誰しも持っているもので、それを託すものとして「石」はこの上ないアイテムの一つではないでしょうか。パワーストーン。そう、ましてそれが自分の体から出たものなら。

話は少しだけ遡りますが、私がこの仕事に就いたばかりの頃、かれこれ30年近く経ちますか、職人さんにしろお客様にしろ強者達が結構いらっしゃいました。最高に加工の腕は持っているのですが10日間仕事をすると20日間行方が分からなくなる職人さんがおりました。就職したての私はなぜかこの職人さん可愛がられて(仕事の途中で居なくならない様に張り付いているのが私の仕事でした。)終わるとよく飲みに連れて行ってもらい仕事の話を色々と聞いたものです。その時に聞いた話ですが、さるお客様の依頼で「その方の体内から出た胆石を使って指輪を作った」と言うのです。残念ながら私が就職する前のことなので実物は見てませんがメンズリングでメレダイヤも使いかなり豪華なリングだったそうです。

話は戻って先日の事、ちょっと変わった石のジュエリー加工のご相談をいただきました。そう『胆石』。まあ、私も名前は聞いたことはありますが実際に見たこともなく、グーグルで検索すると胆石と言っても出来る場所によっていろいろな種類があって色なども成分によって様々な様です。まあ、その胆石を使ってジュエリーを作るとなれば問題は大きさにもよりますが石をジュエリーにどの様に留めるかです。普通の宝石の様にある程度の硬度があれば金属の爪で押さえることも可能です。しかし、画像で見る感じだと脆そうというのが私の感想でした。かつての強者職人の話もあるし、ここは何とかご要望にお答えしてあげようと色々と検索してたら(今は便利な世の中です。。グーグルさんありがとさん)全体をクリアなレジンで固めてペンダントに加工してた方がいらっしゃいましたが、あの強者職人の様にメインストーンでリングにした方は残念ながら出てきませんでした。。

電話でその事をお伝えして触った感じなどをお聞きしていたら、ポロっとふたつに割れてしまったそうです。。それによってこのお仕事のご依頼はなくなりました。。あの時強者職人にもっと突っ込んでいろいろ聞いておけばとちょっとだけ残念な気持ちが残った日でした。

なので今回のジュエリーは胆石ではなくて以前納品したラリマーのブレスレットが大きくて4P外したうちの一粒を使って作ったシルバー『カメ』ペンダントです。

平面的な物にしたくなかったので甲羅の部分とお腹の部分の二重構造で、ラリマーが直径7mmなのであまり大きくならない様に、重たくならない様にあれやこれやお絵描きをした結果、こんな涼しげなペンダントになりました。

お客様には大変喜んでいただきました。こちらこそ、ありがとうございました。

ジュエリー空ではジュエリーの修理、加工、リモデル、ジュエリーに関するご相談をお受けしております。Facebook 、ホームページのメッセージ等でどうぞお気軽にご相談ください。

ジュエリー空 Facebookページ → https://www.facebook.com/jewelrykoo01/

ホームページ → http://jewelry-koo.co.jp/contact-us/

シルバージュエリーネット通販 → https://minne.com/@koo-hideyuki