「当世職人気質」平成30年度版 と K18PG ルチルクォーツ” love “ネックレスの巻

「テープをずらす!」

「テープをずらす!」

「違う!テープをずらす!」

「それぢゃない!」

「そう!」

「違う!逆!」

「バカか?お前は?」

「あ?バカか?お前は?」

朝から怒号飛び交う職場でお仕事です。ウソ。これはうちではありません。

昨日、今日と真夏日を迎えてます、ここ上野御徒町あたりです。上野不忍の池でもようやく蓮の花が開き始めました。これはこの前の日曜日の一枚です。ここのオフィスは建物の影響で直射日光というものが朝一の時間帯にしか差し込まないのでエアコンをつけなくてもサッシを開けとくだけで過ごせる我がオフィスですがここのところお向かいのビルで外壁の塗装工事でもやっているのでしょうか?防護ネットの向こう側なので様子はうかがい知れませんが、養生のためのシートでも貼っているんでしょう。若い?職人が親方の愛の指導を受けている声がモロに響いております。

この宝石業界も特に加工は職人あっての世界。足を踏み入れて30年も経つと随分とその様子は様変わりしております。時はバブル。一週間だけ仕事をやってふらっといなくなり、お金がなくなるとまた帰ってきて仕事をする方。朝行くと頭を職代の下に突っ込んで寝ている方。おそらく徹夜だったのでしょう。必ず夕方5時に電話を寄越して新宿に私を誘い出す、悪い方。はたまたギャンブルにつぎ込み命をなくしてしまった方。そんな愛おしい職人さん達が何人もいらっしゃいました。そんな方達ばかりなもので、お客様が加工の出来上がりをとりに見えるたび私たちは低身低頭お詫びを申し上げ、上りの期日を先に延ばしていただいてた、とてもおおらかな時代のことでした。そんな職人さん達も見習いの頃はトンカチで頭を小突かれながら仕事を覚えたもんだとよく聞かされたものです。今そんなことした日にゃ、その場で荷物持って出て行って労働基準監督署に駆け込むんでしょうね。この宝石の加工業界もCADやら3Dプリンターで原型ができてしまう時代ですが夜、帰り道にはまだ地金をも伸ばすために打つハンマーの音やメレダイヤを石留めするためにタガネと叩く甲高い音が今でも聞こえてまいります。

若い?職人さんへの愛の指導の声にそんな事を思い出した梅雨の中休み。頑張れ若い?職人!

さ、仕事しよ。

「愛だろ!愛」画像は先日お客様のご要望でお持ちのハートのルチルクォーツをK18ピンクゴールドで「love」をモチーフにネックレスにいたしました。

 

 

ジュエリー空ではメールやメセージなどでジュエリーの加工、リモデル、デザイン、修理などのご相談も承っております。下記からどうぞ。

ジュエリー空 Facebookページ ➡  https://www.facebook.com/jewelrykoo01/

ホームページ ➡  http://jewelry-koo.co.jp/contact-us/

シルバージュエリーネット通販 ➡  https://minne.com/@koo-hideyuki

instagramもやってます。➡ @jewelrykoo_official

 

保存保存