目と耳から感じる年末の巻

街中はこの時期ミドリと赤、シャンシャン軽やかな音色のクリスマスソング。一年で一番華やか時期でございます。FMを聴いててもクリスマスソング一色なんて曲もございます。その音色がザワザワと背中やらお尻を撫でまくってそんな気は無くとも気ぜわしく感じられるのは私だけでしょうか?まぁ、しょうがないですよね、「くぎり」って大事なの事です。今年一年がんばった、その成果を他者、または自分自身で評価して確かめる。それにはこの年末は昔から格好の時期ではないのでしょうかね。まぁ、そんな時期をどう感じるか、どう過ごすから皆人それぞれ。私の場合、あるもので目と耳からこの時期を感じるのでございます。

それは、目からは映画「スモーク」、そして耳は「芝浜」。

言わずと知れた冬のこの時期を題材とした傑作です(私の中では)。まぁ、ネタバレしない程度に、映画「スモーク」はニューヨーク、ブルックリンの一画のタバコ屋を舞台に10年以上店の前で同じ写真を撮り続けるそのタバコ屋の主人オーギーと不慮の事故で妻を亡くした常連客の小説家ポールを中心にそこを舞台に個性豊かな来客が織りなす”しんみりハートフル”なストーリー。

「芝浜」これも言わずと知れた落語の傑作でございます。私は談志師匠のものをCDで聴いただけですが、年の瀬に芝の浜で大金を拾う大酒飲みで怠けのの亭主とそれをある手段で見事に立ち直させる女房とが繰り広げる夫婦の人情噺です。もし、お時間があったら観るなり聴くなりしてくだい。あ、でも一つお願いが。クルマ運転しながら落語聴くのだけは辞めてください。もうね、落語の中に入り込んぢゃって。運転に支障が出てあわや事故なんて事にもなりかねませんから。(私がそうでした。。。)お気をつけて。

ジュエリー空ではお客様とのお話を通してデザインのご要望や思い出を織り込みながら一からデザインさせていただきます。お母様から譲り受けたけどデザインが少し古い感じがして着けていないとか、最近増えてきているのがネットで宝石のルースのみを購入されて加工のご相談にみえられる方。特にデザイン料とかは頂いでませんし製品の価格は使用いたします地金やプラス、メレダイヤなどの使用によりましても変わってまいります。そのあたりはお気軽にご相談下さい。HPやFacebookページのメッセージからも受け付けております。どうぞ、お気軽に。

 

 

 

ジュエリー空 Facebookページ → https://www.facebook.com/jewelrykoo01/

ホームページ → http://jewelry-koo.co.jp/contact-us/

シルバージュエリーネット通販 → https://minne.com/@koo-hideyuki

instagramもやってます。➡️ @jewelrykoo_official

保存保存